ホーム>白かべ便り>お祭りブログ

お祭りブログ

手拭について

≪手拭は≫

   お祭りに欠かせないものが「手拭」です。頭に縛るのはもちろん、ご挨拶や返礼品として欠かせないもの。町内やグループ・会などの団体用や、個人用などオリジナル品を誂え持つ事が祭人のステータスとなります。

 

≪手拭の種類≫

 手拭地には、大きく分けて2種類の綿生地を使用します。違いはと申しますと、太めの綿糸で織られ表面がザラザラとした凹凸を感じる文(ぶん)生地 別名「総理」と、細い綿糸で織られサラッとした風合いの岡(おか)生地とに分かれます。染工場の話では、東は文生地「総理」が一般的に使われ、当店も総理を手拭用として良く使用します。西は岡生地が多く使われ、また踊り用にも広く使われるそうです。

文生地(総理)総理生地  岡生地 岡生地

 

≪柄の種類≫

 手拭と言えば、描かれている柄も楽しみの一つ。きものの地紋のように、隙間なく全体に細かく埋め尽くされた市松や七宝・麻の葉・籠目などの切れ目がない幾何学模様柄。トンボや千鳥・鯉などの生物柄や、ひょうたん・桜・梅などの植物柄などの細かく散らした小紋柄。そして、手拭1枚に一つの絵を描いた絵羽柄など多種多様な柄があり見ていても飽きず楽しめますね。

手拭かまわぬ

 

手拭絵羽

 

 

 

 

 

 

 

≪手拭の染め方≫

 注染本染は、1mごとに型を置き抜染用の糊を塗り生地を折り返しまた塗るという繰り返しの手作業で、1枚1枚手掛ける職人技であります。糊を引いた後は、染料を流し込み生地を一気に染め上げます。あとは、余分な染料と糊を流水で落とすこの工程全部が職人の手仕事になります。

染工場風景 染工場風景2

染工場風景3 染工場風景4

 染め方には、反応捺染・プリント他いろいろとありますがなんと言ってもお薦めは注染本染です。他の物では、都度型代がかかったり枚数が限定(数百枚以上)されたりしますが、注染では、一度型を起すと壊れるまで何度も使用できますし、少数(3疋72本~)から染めることができ都度色を変えて楽しむことができます。注染でのデメリットは、お洗濯時色が出てしまうことですがそれ以外ではメリットが多いと思います。

 

≪手拭の縛り方≫

 それでは本題であります、手拭の使い方について一般的に粋な縛り方をご紹介します。

「ねじり」・・・オーソドックスなしばり方

①手拭を半分におりまた半分にと2回折る

②折った手拭をさらに3分の1まで織り込む

③折った手拭の両端をもって一方向にねじり込む

④中心をおでこに当て後ろに回し左右の持ち手を変えひとひねりする

⑤ひねった部分を内側にもぐりこませ先を角のように仕上げて完成!※ポイント

ねじり① ②ねじり② ③ねじり③

ねじり④ ⑤ねじり⑤

 

「くわがた」・・・ちょっと粋なしばり方

①手拭を半分に折りまた半分に折る

②さらに3分の1まで畳み込む(きれいに畳むにはアイロンを)

③折った手拭の中心をおでこに当て後方に回し長さを決める

④そのまま一度はずし頭囲より少し小さめに交差を修正 ※ポイント

⑤交差を決めたところより内側に左右を畳み返す

⑥前を深く後ろを浅めに頭にかぶり交差部分を内側に潜り込ませ角のように先を立てて完成!

①~③は「ねじり」と同じ

くわがた④ ⑤くわがた⑤ くわがた⑤-1

くわがた⑥

「くわがた」女性の場合

 基本的に「くわがた」①~③までは同じ流れで行きますが、女性の場合④・⑤は輪をより小さめにたたみ前を深めに乗せる感じで左右ピン止めします。※ ポイント

くわがた女性完成 くわがた女性完成横

 

「喧嘩かぶり」・・・威勢の良さをアピール

①手拭を深くかぶり長辺の中心を額に充てる

②左右を持ち前に向かってひねる

③ひねった両端を後ろに回しきつめに交差する

④交差させた部分を内側に潜り込ませる

⑤かぶった手拭の端をねじ込んだ結び目の上にかぶせる ※ポイント

けんかかぶり① ② けんかかぶり②

けんかかぶり③ ④ けんかかぶり④

けんかかぶり⑤ 完成 けんかかぶり完成

≪洗濯方法≫

 新しい注染本染の手拭は、うわ色が残っておりお洗濯時色が出て服などに色がついてしまいます。できれば、単独で洗いすすぎもしっかりとお願いします。何度か洗っていくうちに色が出にくくなっていきますのでそれまではご注意ください。干す時には、しっかりと縦横伸ばし手のし(両手で挟むようたたく)をしていただくと、乾いた後のアイロンが不要となります。

 

≪手拭のやり取り≫

 前述にも述べましたが、祭の一番のアイテムが手拭です。神社・地区・町内会・有志グループ・会など、ご祝儀の返礼やご挨拶の名刺代わりにと祭りにはとっても欠かすことができない再重要アイテムになります。現在は、手拭の存在も珍しくなっております。当然、昔であれば粗品に旅館にと当たり前に使われておりましたが、今はタオルやハンカチに代わりましたね。

 私の場合、普段からハンカチではなく手拭を通年使用しておりまして、夏場なんかはタオルより手拭の方が使い勝手が宜しいんです。汗をよく拭き取れますし、なんと言っても首にかけても蒸れることがありませんので、暑い夏一日掛けていられる為特に最適でことさら手放せません。また、乾きも早くまたタオルほどかさばらず後ろのポケットにきれいに収まるのも利点ですね。

 

 当店では、オリジナル手拭のご注文を承っております。製作に当たっては、名前を入れロゴマーク・デザインを考えるのも大変楽しく、柄を考え出すと欲が出て少しでも他にないオリジナルを作ろうと試行錯誤します。その過程が、とても有意義な時間であり楽しいひと時であり良い思い出にもなりますね。

 手拭を一度誂えると、次回は色選びが楽しみの一つ。絹は、濃い色淡い色どんな色でもほぼ表現できますが、綿の場合色制限があります。基本的には染まりますが、薄い色はムラが出やすくボケてしまいますので中間色から濃い目がおすすめです。クレヨンにみられる基本色12色を中心に濃い目薄目と染める度に色を決め、手拭コレクションが増えていくのも楽しみですね。

 オリジナル手拭を検討中の方は、お見積り無料の当店にご相談くださいませ。

神輿の担ぎ方【東京江戸一は白かべ】

 祭りに欠かせないのがお神輿ですが、もともとお神輿とはどういうものでしょうか?。諸説ありますが、お神輿の始まりは奈良時代の天平勝宝4年と約1270年近く前。奈良の大仏建立のため、宇佐八幡宮を勧清した際に神様を移す乗り物として作られたのが始まりと言われております。各地区祭典では、崇拝する神様をお神輿に移し厄除け・疫病退散などの願いを込めて地域を渡御し、神様のお力をもって管轄地・氏子の平安を見守っていただく行事の要がお神輿と思っております。

 

神輿写真1 お神輿の原型は、天皇の乗り物「鳳輦(ほうれん)」や皇族の乗り物「惣華輦(そうかれん)」を模したのが原型と言われ、現在ではいろんな大きさや形がございます。一般的には、江戸神輿にみられるように神殿を模した唐破風の屋根に金物や金箔の装飾品で飾り、鳳凰や鳥居を付けた典型的な四角形に加え、六角形・八角形の神殿型や四方に絵を置き提灯を乗せた万燈型、太鼓を乗せた太鼓台など各地様々なお神輿があります。

 

 

 

 

 

 神輿写真2東で代表的なお神輿と言えば、なんと言っても江戸神輿ですね。皆様ご存じの3基の本社神輿を有する三社祭をはじめ、金色に輝く神輿の神田祭・4尺を超す下谷神社例大祭・都内隨一を誇る1千貫神輿の鳥越神社大祭など。また西では、なんと言っても太鼓の音が響く巨大な太鼓台や巨大な武者人形を乗せた博多祇園山笠があります。

 

 

 

 

 

 担ぎ方については各地区神輿も様々で、一番ポピュラーな「江戸前担ぎ」や左右に振って荒々しく見せる「ふり担ぎ」、元気を感じる「わっしょい担ぎ」・全国でもめずらしい「千鳥担ぎ」などがあります。関東一円や他地区でも最もよく見られる神輿担ぎの定番は、やっぱり「江戸前担ぎ」ですね。皆さんもよくご存じだと思いますが、「江戸前担ぎ」は担ぎ手皆がつま先を立て揃ってリズム良く上下にもみ(揺すり)、前へ進んでいきます。途中、掛け声を掛け気合を入れていく様は見る側の心も踊るのを感じます。

神輿写真3 「ふり担ぎ」では、担ぎ手同士で神輿を左右に振る様はとても豪快で、力自慢の象徴と言える担ぎ方でしょう。「わっしょい担ぎ」は、とてもリズミカルで神輿が前へ進む速さは東では一番かなと思います。そして、とても興味ある担ぎが「千鳥担ぎ」で名前の響きがいいですね。この担ぎ方は、先棒の先端で構え首の後ろに先棒を当て、リズム良く鳴る摺り鉦の音に合わせ小刻みにステップを踏み前へ進みます。

 

 

 

 

 

 ここまでは、SNSや見聞きした内容を載せましたが、地元「吉原祇園祭」での神輿渡御についてはこれまた独特な担ぎ方を行っており、年甲斐もなく現役担ぎ手の私が地元神輿を少しご紹介したいと思います。

 

 氏神様である吉原天神社の本神輿は、スサノヲノ尊をご祭神とし宮出しから宮入りまで氏子7町内を約5時間かけて回る暴れ神輿で有名です。各町内の会所(御旅所)に着くと、宮司より祝詞を上げられ若衆を払い地元渡御のスタートとなります。

本甼區神輿写真 青年長の音頭により手拍子を皆が合わせ、担ぎ上げると「わっしょい」の掛け声に合わせ地区を隅々まで回ります。総代や役員宅・辻(交差点)へ来るとそこが見せ場で、青年長の合図で若衆は担いだまま上に飛び跳ね神輿を上下にゆすります。

 この時、20人前後の若衆達の気持ちが揃うと皆の足が地面から離れきれいに飛び跳ね、その担ぎ様に周りの住人からは絶賛の拍手が送られます。逆に、気持ちが揃わないと前後が波のように乱れとても見られたもんではありませんし、肩には担ぎ棒がガツンと食い込み内出血をするほど痛いんです。担ぎ手の気持ちを一つに集中することがきれいに揺する一番のコツで、また「上手だったよ」と仲間から言われることが自慢の一つです。

 

 

 

 

 もう一つの自慢と言えば、神輿渡御には欠かせない担ぎ手の揃い半纏を身に纏うことですね。私ども町内半纏は、背大紋と衿に旧町内名「本甼區」・腰柄には神社名の一文字「天」を横の線としてデザインしており、何かしら柄に意味を持たせるのが私のやり方。それが、こだわりの1枚となるんではないでしょうか。

本甼區半纏1

 また、吉原の町は東西の文化が混じり半纏のデザインにもそれが表れております。無地・小紋・絵羽などいろいろな半纏柄があり、どの地区も挙って個性豊かなデザインを羽織り町内をアピールしているのが見どころの一つでもあります。

 

 当店では、東京江戸一東京いろは商品と祭衣装のオーダーメイドを承っております。既製の半纏鯉口シャツ股引ダボシャツ上下・手拭のほか、提灯(弓張・大提灯)のお取り扱いを致しオリジナル製作を地元・近隣はもちろんホームページより全国からも受注しデザイン・製作のご相談を見積り無料で承っております。ご希望のお客様は、 まず当社ホームページのお問い合わせより簡単な内容をお知らせください。確認でき次第、ご連絡させていただきます。

 

作品事例・・・「オーダーメイド」 「セミオーダーメイド」 「ご依頼方法」

 

子供と祭りと伝統の継承「東京江戸一は白かべ」

私のお祭り人生は、昭和37年7月に生まれて翌年10か月目から始りました。物心つく頃からお囃子を聞いており、祭りの遺伝子が体に定着しております。小学生の時、祭1か月前より勉強などほったらかして練習場所へ行き、必死に太鼓の練習に励んだお陰で夕飯の箸を持つ手が震えていたのを今も思い出します。只今58才、途中14年ほど祭りから遠ざかりましたが25才より復活し今はドップリとはまっております。

 

地元のお祭りとは、東海道14番目の宿場町吉原宿の祭り「吉原祇園祭」です。このお祭りの歴史は宿場町になった頃と大変古く、150年前までは毎年行う祭りではなく臨時祭として牛頭天皇を神輿に勧清し行っておりました。安政5年(1858)に疫病が流行し、また安政地震などに会い災厄を払うお祓いをした年を境に現在まで毎年行われるようになったと文献に記されているそうです。

 

社長本人30才ごろまでは「お天王さん」と言われておりましたが、現在では「吉原祇園祭」と言う名前に代わり現在に至ります。祭りの二日間は、20万人の富士市民が全員集まったかのような賑わいとなり、特に夜は吉原の商店街が人で埋め尽くされ山車・屋台も前に進めず立ち往生するほどの人出となります。そんな人ごみの中、各町内老若男女が色とりどりの半纏やお揃いの浴衣を着て、自慢の山車・屋台21台が商店街や各町内を地元のお囃子を奏で何往復も引き廻す様は、現在においても変わらず続きております。

子供のころより、揃いの浴衣を着て祭りに出ることがとても誇らしかった思いが残ってます。祭り当日は、小学校の授業が半ドンで終わるとすぐに帰宅し、母親に浴衣を着せてもらってすぐに駐車場へ行き山車の周りをウロチョロ。大人たちが集まると、曳き廻しへ出かけ山車の上で太鼓を敲いたり山車の綱を持って掛け声を掛けながら自慢の山車を一生懸命引っ張ります。曳き廻し以外の時間は露天商の散策で、お腹がすけば露天商のウィンナーやたこ焼きなどを食べ、ニッキ棒を咥えながらスマートボールで遊び夜の引き廻しの時間まで街中をウロウロしておりました。中老になった今でも似たような祭り時間を過ごしております。

 

 

さて、夏を呼ぶこの「吉原祇園祭」はなんと言っても揃いの祭り衣装です。浴衣や独自の半纏・鯉口シャツ・股引姿もかっこ良く、それぞれの町内が個性豊かに着飾っていることです。ゆかたや半纏は、地元町内名や神社紋・聖獣・幾何学模様などその町内に関係する柄を配し、独自の色を用いて表し各町内個性豊かな衣装も伝統の一つです。

 

平成29年度本甼區集合写真

浴衣は、1反(3丈2尺前後)約12mの生地で大人は1反全部使用し男性女性それぞれ1着お仕立てできます。子供の場合年齢よりますが、成長が速いため2丈5尺(約9m50cm)の長さで5~6年着られるように、大きく仕立てて肩・腰揚げを入れて仕上げます。大きくなれば、少しずつ揚げを調整し身丈・裄丈を伸ばして着ることができます。

 

 

 

 

子供着姿

子供の半纏は、大・特大・ジュニアの3サイズを用意し方揚げのみで対応します。子供たちが、少し大き目の半纏を着てる姿は愛らしくとても可愛いと思うのは親心でしょうか。 逆に、鯉口シャツ・股引・腹掛けなどはダボっとした気姿では祭人として今一つ。これらの衣装は、キッチリと着こなすのが粋であり大人も同様であります。浴衣と違い、子供用の祭衣装は約2年着られれば御の字。もったいないと思いますが、これらの衣装は男女の区別がないためお下がりとして兄弟姉妹で着回しをしていただけます。

子供用祭衣装はこちら・・・

 

この祭り衣装のサイズで充実しているメーカーが、私共もお取り扱いしておりますトップブランド「東京江戸一」。まだ歩けない0才児から対応しており、柄も大変豊富にありますので衣装の柄を選ぶのもとても楽しみの一つ。また、オリジナルで半纏や鯉口シャツ・手拭・提灯などの製作を行っておりますので、この時期は有難いほどの忙しさを頂戴しまた地域の皆様に育てられていると感謝に堪えません。

 

祭子供写真近年、核家族・少子化と言われ人付き合いの希薄さをとても感じるこの時代に、唯一これを解消できるのがお祭りと伝統芸能だと私は確信します。私の地元のお祭りでは、6月上旬の開催に向けて1か月前からお囃子の練習が始まり、子供会は小学生が中心ですが人数の少ない自町内では幼稚園児を一緒に入れにぎやかに練習します。指導するのは、青年と言われる20~50代の大人が一人ひとり手を取って熱心に教えます。練習後は、青年よりアイスをもらい一遊びしてから父母と一緒に帰宅します。こうやって1か月子供たちと過ごすと、お祭りが終わった後でも街中で通り過ぎるとちゃんと挨拶をしてくれる。昔は当たり前のことが、今はとても貴重なことと感じます。

 

 

 

 

 

祭集合写真お祭りは老若男女が集い一緒になって盛り上がり祭りのひと時を共に謳歌する。そして、大人から子供・孫へと、受け継がれ伝統が守られる事は素晴らしいの一言に尽きます。皆が集えるこのお祭りを、絶やす事なくこれからも大切に守って行く事が伝統で、できる限り携わりたいと願っております。

 

 

 

当店では、祭衣装「東京江戸一・東京いろは」の販売

鯉口シャツ祭半纏・提灯他のオリジナル製作を行っております。

お見積もり無料ですので、当店実店舗やホームページ等お気軽にご相談ください。

中止決定「東京江戸一は白かべ」

昨夜、大事な会議がありました。

6月に行われる吉原祇園祭開催についてです。

私が所属する実行委員会と祭典委員会の合同会議において、

現状の新型コロナウィルス感染拡大で終息のめどが立たず、

感染予防の観点から各神社総々代より中止にするとの意見が一致。

残念ではありますが、令和2年度吉原祇園祭は中止となりました。

個人的には、延期を希望し提案しておりましたがよくよく考えれば

中止は至極当然の事。

今後は、気持ちを切り替えて今後の手続きを済ませ終了となります。

来年こそ、盛大に開催する事を願うと共に、新型ウィルスが早く

終息するよう祈るばかりです。

第3回合同委員会

影響「東京江戸一は白かべ」

今年の吉原祇園祭は、6月13・14日を予定しております。

昨年に続き実行委員会に所属し活動しておりますが、県内も新型コロナウィルスの

感染が広がり始め周りへの影響も含め今後の方向性について話し合われました。

実行委員会では、中止よりも秋に延期をし開催したいとの意見で一致しました。

あとは、祭典委員会の判断により今後の成り行きが決まります。

地元経済の落ち込みも含め、市民の気持ちを盛り上げる為是非とも延期開催に向けて

前向き進んでほしいと願ってます。

そして、今の状況が一日でも早く元の生活に戻れるよう手を合わせる毎日です。

実行委員会

令和2年吉原天神社越年祭「東京江戸一は白かべ」

大晦日は、氏神様へ恒例の初詣に行ってきました。

どうなんでしょう?今年は参拝者がとても多い。

初お札の影響でしょうか、氏神様が賑わっているのはとっても嬉しい。

この賑わいを絶やさぬよう、私も頑張らないと!と新たな気持ちになりました。

吉原天神社越年祭令和2年

盆休み2日目「東京江戸一は白かべ」

盆休み2日目は、三島大祭りへ行ってきました。

目的は、シャギリと言うお囃子を聞くためで

吉原のお囃子は、ベースが三島のシャギリでとても

聞きごこちの良いものです。

ただし、見どころは夜のたたき合いで今回見れなかったのは残念。

その代り、2日目のメイン行事武者行列を初めて見る事ができました。

行列のメインは源頼朝公、扮した芸能人は滝藤賢一さん。

やっぱり、俳優さんは光りますね。

三嶋大祭り武者行列

陽徳寺身代り地蔵大祭「東京江戸一は白かべ」

岳南電車吉原本町駅裏にある陽徳寺。

私の誕生日の翌日は、身代り地蔵尊大祭が行われます。

小さいお祭りですが、地元に古くからあるお祭りで

近隣の方でとても賑わいます。

屏風に描かれた地獄絵図は、悪い事をした者に閻魔様が

裁きをし罰を与える様は息をのみます。

子供達への教えとして、親御さんは子供を連れてお参りに

きます。

昨年は、地獄絵図を挙げてますので今回の写真は閻魔様です。

閻魔様

OB会

先週末、吉原天神社七町割OB会の一コマです。

吉原祇園祭の後、毎年行われる恒例行事。

と言っても、天神社青年長経験者がただ飲みたくて

企画したものです。

お祭りの話しが出ると、濃い話しもしますがしつこいメンバーです。

七町割OB会

魔除け「東京江戸一は白かべ」

お神輿に飾られた笹を軒先に飾ります。

厄除けや魔払いなど、家を守って頂くためにです。

これで我が家のお祭りはおしまい。

来年までが待ち遠しい!

魔除け

ページ上部へ